会議ビザ ー CONFERENCE VISA ー

シンポジウム、セミナー、サミット、ワークショップ、国際会議等の出席に必要なビザです。
代行取得には1〜2週間前後、必要となります。

手数料

  内容 手数料
セルフプラン

お客様が作成された書類にて、弊社が申請・受領をサポート致します
安心の申請前チェックにて、スピーディーに取得いたします
代理店など業者様などに最適なプランです

9900

ベーシックプラン 申請書の作成から、申請・受領など基本作業をサポート
インターネットや英語が苦手な方でも安心してビザ取得ができます
12900
デラックスプラン 申請に必要な推薦状の作成も含んだ、全て任せプランです
申請業務に手を煩わせたくない方にお勧めのプランです
17,900
  • 郵送にはレターパックを使用いたします。
  • 日本人法定費用2630円(ビザフィーなど※2015年11月改定)が含まれております。
  • 生まれながらの日本国籍以外の方(外国籍、二重国籍者、帰化した方など)は、ビザフィーの金額が国によって違います。また、大使館による照会料等も必要になる場合がございますので、事前にご相談ください。
  • インド大使館サイドへ申請後のキャンセルやパスポート返却は、緊急事態以外の受付をしていただけませんのでご注意ください。

必要書類

パスポート本体 残存期間:6ヶ月以上/ 余白:VISA査証ページ2ページ以上
証明写真1枚 6ヶ月以内に撮影された5cm×5cmの証明写真。
背景白色、カラー写真。(参考:注意事項
ビザ申請書

セルフプランの方は、インド政府のサイトよりオンライン申請にて申請書をご作成ください
(参考:オンラインビザ申請 )

ベーシックプラン・デラックスプランの方は、弊社にて作成いたします。

委任状

弊社への申請代行委任状です。
下記リンクより資料をダウンロードしてご署名ください。
委任状】【委任状書き方見本

※オンライン申請代行をご依頼された方は、弊社より送付いたします。

現住所証明 免許証(必ず裏表)や、住民票などのコピー(PDF等データ可)
申請者名と現住所が確認できる書類のコピーをご用意ください。
英文招聘状 インド法人からのレターヘッド用紙を使用したもの。
署名者の直筆サイン、シール(社印)の押印が必要。
英文推薦状 日本法人からのレターヘッド用紙を使用したもの。
署名者の直筆サイン、社印の押印が必要。
許認可関連

該当する政府オーガナイザーからの下記原本のPDF(コピー)が必要です。

  1. インド内務省からの許可書
  2. インド外務省からの許可書
  3. イベント関係省庁からの認可書
過去ビザ インド訪問歴のある方は直近のインドビザのコピーが必要となります。
まだ期限の残っているビザをお持ちの方は、原本が必要となります。
  • 会議ビザの有効期間は開催期間等によります。
  • 生まれながらの日本国籍以外の方(外国籍、二重国籍者、帰化した方など)は、上記の他に、Eチケットのコピーや、旅行代理店が発行する英文旅程表、英文銀行残高証明書、別途提出書類などが必要となるケースがございますので、事前にご相談ください。

 

営業カレンダー

2018年09月
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
2018年10月
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

検索

安心安全なお支払

ソリューション画像

ページの先頭へ