新着情報

2016.11.25

新紙幣発行に係る情報についてに関する追加情報(その4)

2016年11月25日 在インド日本国大使館

8日夜に発表された旧高額紙幣(旧500ルピー紙幣及び1,000ルピー紙幣)の無効化並びに新500ルピー紙幣及び2,000ルピー紙幣の導入に関し、24日及び25日、財務省及びRBI(インド準備銀行)がプレスリリースを発表しております。概要は以下のとおりです。

旧高額紙幣交換の終了  

8日夜の発表以降、銀行等の窓口において、旧高額紙幣の新紙幣等への交換が、1人につき1回認められていましたが、24日をもって当該措置は終了となりました。

ただし、RBIの窓口では引き続き旧高額紙幣の交換は可能です(当館がRBIに照会したところ、この交換措置は12月30日までであり、上限は従来通り1人につき2,000ルピーまでとのこと)。

旧高額紙幣による支払いの期限延長

政府系病院等での支払いに関しては、24日まで旧高額紙幣の使用が認められていましたが、24日の財務省発表により、支払い対象に以下の追加・修正が加わった上で、12月15日まで期限が延長されました(但し、旧500ルピー札による支払いのみ認められる)。

  1. 中央政府、州政府、市、地方団体の学校に通う生徒の学費支払い(生徒1人あたり2,000ルピーまで)
  2. 中央政府もしくは州政府が運営する大学における費用支払い
  3. プリペイド式携帯(トップアップ方式)の料金支払い(トップアップ1回につき500ルピーまで)
  4. 消費者共同組合店舗(consumer cooperative stores)での支払いは、1回につき5,000ルピーまで認められる。
  5. 公共料金の延滞や現在の請求に対する個人及び家庭の支払いは、水道代・電気代のみ認められる。
  6. 道路交通省が12月2日まで料金所での通行料免除を継続することを考慮し、料金所での通行料支払いは、12月3日から12月15日まで旧500ルピー札による支払いも可能とする。
  7. 外国人に関しては、1週間に5,000ルピーまで外国通貨との交換が可能(但しパスポートが必要。詳細については、今後RBIからガイドラインが公表される予定)。

(24日インド財務省発表プレスリリース)
http://finmin.nic.in/press_room/2016/PRESS%20NOTE%2024%20november%202016.pdf

今後もインド政府より新たな通知が発出される可能性があります。最新の状況は下記ウェブサイトにてご覧頂くことができます(アクセスが集中しており表示に時間が掛かる場合があります)。

〇インド財務省:http://www.finmin.nic.in/

〇インド準備銀行:https://www.rbi.org.in/home.aspx

当館の領事手数料について

当館では、今回の措置を踏まえ11月30日までは旧高額紙幣(500ルピー及び1,000ルピー)を受付けておりますが、12月1日以降は受付けることができませんので,右ご留意願います。

なお、手数料お支払いの際には、釣り銭のいらぬようご協力をお願いいたします。

(お問い合わせ先)

〇在インド日本国大使館
50-G Shantipath, Chanakyapuri, New-Delhi
電話:+91-11-4610-4610

 

検索

営業カレンダー

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
2018年05月
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

安心安全なお支払

ソリューション画像

ページの先頭へ